診療案内

診療のごあんない

当院は以下の内容を診察しています。
症状がはっきりしない場合、どこの科を受診したら良いかわからない場合など、まずはお電話にてお問い合わせください。

内科 主な対応診療項目
当院内科では全ての体調不具合に対応します。「どの科を受けたらいいか分からない」「とにかく身体全般について診て欲しい」と思われたらまずは内科を受診してください。
主な対象疾患
風邪(感冒)、扁桃腺炎、肺炎、気管支炎、胃腸炎、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、痛風、貧血、頭痛、便秘症、リウマチ・膠原病 など
消化器科、循環器科、放射線科があります。


消化器科の主な対応診療項目
逆流性食道炎、食道静脈瘤、胃潰瘍、胃がん、大腸がん、大腸ポリープ、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)などの消化管疾患と胆道疾患(総胆管結石、胆嚢炎、閉塞性黄疸)、肝疾患(慢性肝炎、肝硬変)、膵疾患(膵炎、膵がん)などが対象です。

消化器系 消化器系領域の一次診療
上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査
下部消化管内視鏡(大腸内視鏡)検査
肝・胆道・膵臓 肝・胆道・膵臓領域の一次診療

循環器科の主な対応診療項目
狭心症、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症、慢性心不全、不整脈、弁膜症、その他生活習慣病全般が対象です。

循環器系 循環器系領域の一次診療
ホルター型心電図検査、エコー検査

放射線科の主な対応診療項目
放射線科では、主としてCT、レントゲンの検査、診断を行っています。

画像診断 CT撮影、一般撮影

外科 主な対応診療項目
一般的な外部のきず・でき物などへの処置、内臓の疾患に対しての手術を行っています。
外部処置
切り傷、擦り傷、火傷、打撲、止血, など
手術
ヘルニア、痔、盲腸、縫合処理、など

消化器系 消化器系領域の一次診療
上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査
下部消化管内視鏡(大腸内視鏡)検査
人工肛門(ストーマ)の管理

整形外科 主な対応診療項目
整形外科では膝関節、股関節、足関節などの関節疾患や腰椎、頸椎などの脊椎脊髄疾患に対する専門的治療を行っております。また、骨折、捻挫等の急性期外傷に対する治療、骨粗鬆症などの慢性期疾患に対する治療も行っています。

筋・骨格系及び外傷 筋・骨格系及び外傷領域の一次診療
義肢装具の作成及び評価

小児科 主な対応診療項目
平成30年4月から小児科を開設しました。地域の次世代を担う子どもたちを支えるのは、私たちの大切な役割です。お子さんの具合の悪い時、心配なことがある時など、気軽に受診できる開かれた小児科でありたいと思います。
次のようなことを対象に診療を行います。
1)かぜや胃腸炎などの感染症
2)気管支喘息や食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、花粉症などのアレルギー疾患
3)発達障がい(神経発達症)
4)不登校
5)そのほか小児科全般
6)予防接種
発熱や咳、嘔吐・下痢、湿疹などが、以前からの子どもたちが小児科に受診される主な理由です。最近はそのほかにもいろいろなことで受診されるようになりました。感染症やアレルギー疾患は専門的な対応が必要になることもあります。例えば食物アレルギーでは、適切な食事療法が可能になるようお手伝いしたいと思います。発達障がいや不登校については、必要なときには臨床心理士と連携しながら対応いたします。
 予防接種は、お子さんたちの健康のために大切なことです。心配なことにも相談に乗りながら実施していきたいと思います。ほかにお子さんたちの健康や発達、子育てのことについて心配なことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。上伊那は小児科医の少ない地域です。小児医療を通じて子どもたちの健康のため、少しでもお役にたてればと考えています。


当院は以下の届出医療機関です。

  ・入院時食事療養費(Ⅰ)
    管理栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)適温で提供しています。
  ・療養病棟入院基本料(Ⅰ)
  ・療養病棟療養環境加算(Ⅰ)
  ・地域連携診療計画退院時指導料(Ⅱ)
・がん治療連携指導料

  ・CT撮影及びMRI撮影
・胃瘻造設術

当院は介護保険制度の以下の指定医療機関です。
  ・介護予防訪問看護
  ・介護予防短期入所療養介護
・訪問看護

  ・短期入所療養介護
  ・居宅療養管理指導
  ・介護療養型医療施設
当病院においては、患者の負担による付添介護を行っていません。
特別な室料(1日)
  ・特別室 3,240円(医療病床のみ)
  ・個室  2,160円(医療病床のみ)

予防接種はこちら→

ページ上部へ戻る